新年明けましておめでとうございます

もう8日になってしまった。NOVAはお正月福引きの期間かな。今年は明日から海外へいくし、その前の準備で忙しかったので、福引き中はまったくいけない。残念。Webを見ると福引きがけっこう面倒になったみたい。1日スタンプを一つ、って同じ日に2レッスンとっても一つなのか。それで3つスタンプがたまるとWeb福引きができると。まあ使わないウェットティッシュは今でも引き出しにたまっているし、昨年末に風邪をひくまでマスクも引き出しで眠っていたし、特賞以外は興味ないけど。で、特賞もレッスン一ポイントに値下げされたのね。まあ私は2ポイントの時代に2回特賞をあてているし、ラッキーだったかも。

 

福引レッスン

今年は3回来校で、WEB福引に1回チャレンジ!

実施期間1月4日(金)〜12日(土)

ルール 期間中、駅前留学のレッスンに来校で、1日につき1スタンプを押印致します。
スタンプが3つ貯まるとWEB福引にチャレンジできます。
※駅WEBレッスン、NOVAスコア、VOICEでの来校も含みます。
ただし、VOICEとレッスン等異なるサービスに参加頂いた場合も、同じ日であれば1スタンプとなります。
※NOVAバイリンガルKIDSのレッスンは除きます

■特賞…レッスンポイント1ポイント

■2等…リスニングサプリ(PC版)1ヶ月無料OR 書籍1冊(すらすらシリーズ)

■3等…ウェットティッシュ1個

 

 


ジムも終了

ジムも年末年始はお休みになるので、今年最後のダンス。

 

一時期ずいぶん減ってしまったダンスのクラスが、少し復活して今年は楽しかった。まだまだヨガだのストレッチだの不満はあるけど、まあその方が圧倒的に人気があるからしょうがない。


NOVA Level8

今年最後のレッスンで、ラッキーマンツーマンで楽しくお喋りして過ごす。

 

すごく古ーい講師なので、倒産前後の話をする。

 

あと私は昔のシステムのコースにいるので、月謝を払い続ける限り実質上無限にポイントの期限が延びる話をしたらgrandfatehr clauseというのを教わる。要するに既得権、黒人を投票から遠ざけるために、literacyを投票の条件にしたのだけど、それだと貧困白人も読み書きができなくて投票できないので、祖父が投票した人は特例で認めたという。女性はコミュニケーション能力が高いから面接で点数を下げるのと同じくらい、論理も何もないいいわけだ。

 

ということで、概ね今年も充実した楽しいNOVA生活だった。

 

受け放題30を二回買って計132レッスンとった昨年ほどではないけど、今年も117レッスン取った。

 

また受け放題30やらないかな。ラッキーマンツーマンがかなりあったしすごくお得だった。

 

来年は2回海外へ行く予定。


NOVA Level8

予想した人と違う初めて会う方と一緒にレッスン。

いきなり「英語って奥が深いですね」という。

うん(^^;;;)

 

割と新しい講師。普通に話していると特にリスニングに何は感じなかったのだけど、今日はどうもよく理解できなかった。内容のせいもあるけど。久しぶりにLevel9でも感じたことのない撃沈の気分。

 

その分他のところで一生懸命喋る。学校や教育に関することだったので、けっこういいたいことがある。

 

しかし、講師は終了のベルが鳴っても、キリのいいところまでレッスンをやってくれるものだけど、この生徒さん、さっさと片付け始めたので、私の喋る番だったので慌てて文をつくる。


NOVA Level8

たぶん固定でとっているレベル9の方と。この方はとても会話が面白くて好き。いつもお二人でこの時間にとっているので、二人とも固定かと思ったのだけど、相棒はいなかった。講師もこの方もNOVAが長いので、倒産の頃の話を少しする。

 

point to 

hint at

imply

suggest


NOVA Level8

ヘルプできたニュージーランドの講師とラッキーマンツーマン。

 

昔プレオラの森に行った話をする。あとタカヘを見に行った。flightless birdと説明しかけてキ−ウィの話だと思ったそうだ。いや残念ながらキーウィは見る機会がなかった。ハミルトンに棲んでいたことがあるという。うん、バスで通ったことならある。ということで最近ニュージーランドの講師に会う機会がなかったので、久しぶりにニュージーランドの話。

 

That being said, Having said that, In saying that


NOVA Level8

キャンセルした人がいるようで、突然お気に入り講師に空きが出たのを見つけて直前予約。

 

Catcher in the Ryeは高校の時に野崎孝訳で読んだけど、正直言って主人公の気持ちはまったくわからなかった。その後教員になってから、退学していく生徒と何回も係わってからもう一度読み直して違う印象を受けた。

 

Great Gatsbyは飛行機の中で映画(古いの?新しいの?と聞かれて、レオナルド・ディカプリオが出てくる新しいやつ、といったんだけど、私の頭にある広告とかで知っていた古いやつの方は70年代のロバート・レッドフォード主演で、実際はその間にもう一回映画化されているようだ)を何気なく見始めたのだけど、飛行途中からでおまけに台北-羽田という短時間の飛行だったので、最後を見損ねた・・・そのため気になって村上春樹訳を購入して読んだ。読んでて思ったのは、要はデイジーって金持ちと結婚するように育てられた女性で若いときならいざ知らず、お金持ちになってからも恋い焦がれる理由がわからないというのが感想。パーティの場面とかは豪奢で楽しかったけど。でもギャツビーというのは実態がなくて、主人公はギャツビーという人間を作り上げて演じていたんだと、あとこの当時tellerがcharacterについて語るという形式が斬新だったんだと言われる。あ、そうかも。

 

大学の教養課程の話になる。Liberal artsという言葉がすんなり通じたことにちょっと驚いたようだけど、私が大学生だった時代には教養課程があったものね。語学、哲学、あと体育もあった。今のカリキュラムはどうなっているのだろうか。あとなぜか話が飛んで(どう飛んだのか思い出せない)hillbillyの話になる。これまたこの言葉を知っていたことを驚かれてどんなものか知っているかというので、私の考える典型的なhillbillyはmoonshinerと答えたら、うんじゃあわかっていると思うよと。実はhillbillyという言葉自体は南部出身の別の講師から教わったもの。ただし内容的には、英語で読んだある回想録に1950年頃のテネシーの洞窟で密造酒つくりに出っくわす話があった英語の本に書かれていたんだけど。


NOVA Level8

Level9の生徒さんと二人で。

 

ご一緒したVOICEの常連さんで先週ちょうどVOICEが終わったこのタイミングで私は(VOICEにのは出てないけど)今回と同じ時間帯のレッスンをとったのだけど、そのときに壁のスケジュール表をじーっと見ていた様子から、先にレベル8のレッスンが入っているのを見たときに、あ、あの方だなとピンときた。この方ならいい。

 

chargeの意味が文脈からある程度想像はつくけど、今ひとつ理解してなかったピンとこなかったら進撃(の巨人)と日本語で言われた。うむ、その後ちょうど今読んでいる英語の本の中にゾウにchargeされる話が出てきて、実はこの本を読むのは2回目なので知っていたはずであることに気がつく。いや、今度は忘れないと思う。

 

レッスンは冷や水を浴びせる練習。

 

 


NOVA Level8

たぶん初めての講師だと思ったけど、二度目だと言われた。あれそうかな。

 

新しい講師は発音やしゃべり方が英語講師慣れしてないだけに生の英語でなかなか大変だけど、挑戦しがいがある。とはいえなかなか聞きやすい講師だった。

 

いろいろと自分の研究をしている生物の話などをした。

 

あれ、新人は通常真面目にレッスンをするというのは偏見かな。嬉しかったけど。

 


一度に食べていいフレンチフライは6本

っていう話を栄養学の先生が言ったという。最近講師から聞いたのだけど、見つけた。なるほど。

https://www.nytimes.com/2018/11/29/health/french-fries-nutrition.html

 

アメリカもだけどオーストラリアでもフィッシュアンドチップスのポテトの量に圧倒されたものだった。あれ、週に一回とかでも全部食べていたら、油とデンプンと塩の取りすぎだと思うのに、付け合わせがサラダとポテト6本のレストランなんてはやらないという意見があるんだ。

https://twitter.com/AlanYuhas/status/1068160240573652992

 

講師は日本生活が長いので今では普通だと思っているけど、始めて日本人の彼女おすすめのお気に入りのレストランというロイヤルホスト?だったかのハンバーグを食べに行って、付け合わせが細いフレンチフライが文字通り6本くらいしかなかったので、ショックだったという。

 

ここのところ日本語のニュースでも見かける。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/12/04/french-fries-6_a_23608763/


| 1/232PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM